ミズノクラシック開催に向けたプランターの設置について

 

志摩ロータリークラブは、平成18年11月3日〜5日に志摩市阿児町賢島で行われる「ミズノクラシック・伊勢志摩」の開催に向けて、歓迎ムードを盛り上げるため、「英虞湾の水質を考える会」と共同で綺麗な花を植えたプランター作りを実施し、賢島カントリークラブまでの沿道往復5km間に約1500個を設置致しました。
当日は、合わせて100名以上が参加して作業が行われましたが、普段あまり肉体労働をしていないRC会員達も弱音を吐かずに頑張ってくれていました。
後日、選手達が通った際に「とても好評だった」報告を頂き、改めて喜びが込み上げて参ります。

平成18年10月28日

 

 ダンプカーから土を下ろしてプランターに入れ、均した後に花を植え替える作業。 腰への負担が大きくて・・・

 老若男女を問わず、土の詰まったプランターを移動します。 これがまた、重いのなんの・・・

 それらを軽トラなどへ積んだ後に運び出し、沿道へ等間隔で並べていきます。 作業が終わって一息・・・

普段、慣れない肉体労働で
の作業でしたが、皆、笑顔
で取り組んでくれました。お
陰様で、思いのほか早く完
成させることができ、「ホッ
と一息」、記念撮影の瞬間
です。

 

【トップへ戻る】